年々増加するうつ病を解き明かして楽々生活を取り戻す

落ち込んでいる人と気分良い人

うつに向き合う

話しを聞いている医師

大阪の心療内科ではリワークプログラムを取り入れた手法を取り入れています。社会復帰後にストレスに負けないようトレーニングを行います。ストレッチやコミュニケーション法など復帰後にも再発させないようにすることが出来ます。

続きはこちら

国の支援

悩んでいる女性

大阪の心療内科では、うつ病に悩む患者が多くいます。このうつ病とは、何事もやる気が起こらず、不眠、食欲不振、絶望感などを感じる症状です。心療内科では、薬物療法や心理療法的なアプローチで症状の改善を図ります。

続きはこちら

解決の方法

薬のはてな

うつ病は一人で悩むと悪循環となる可能性が高いので医者を頼るのが最善で、最近では電話対応と言った物もあるので活用していくべきです。病院がうつ病治療に一番良いのは頼れる拠り所としてこれ以上無い存在だということなのです。

続きはこちら

おすすめ記事

うつとの闘い方

ジャンプしている三人

うつ病は発症する前に予防する事が一番大事ですがかかった場合は医者に直ぐに行くのが大事で、その場合も協力者を作って行うと何かと頼りになって安心できます。費用は、医療費を補助する制度を使うと半分程度にまで軽減できます。

続きはこちら

ひとに頼ること

女性の医師

うつ病の治療は真面目な人ほど自分で多くの責任を背負い込みがちで悪化の要因となりますが、お金も含めて自分以外を頼る様にした方が回復に向かいます。治療費に関する負担も他人や医者を頼る様にした方がうつ病治療にも良いのです。

続きはこちら

みんなで治す

一人で悩んでいれば大きくなるばかりの不安は相談することで解消できます。うつ病について知り、受診機関のことについて知りましょう。

相談相手を探すメリット

囲まれている人

1人で悩み、1人で事を運ぶのもうつ病患者の特徴の1つで、こうした状態に陥らないためには相談相手を持つことが重要で、様々なメリットを得ることが可能となります。説明する言葉が出ずに不安の中で日々を過ごすのがうつ病患者の症状でもあり、相談できる人は勿論ですが、相談できる場所を持つことも重要です。 家族や友人の支えがあることで症状を緩和でき、また患者同士が作るコミュニティやグループ施設などに足を運ぶ一工夫で憂鬱な気持ちを軽くできる魅力が挙げられます。 また信頼できる主治医を見つけることも必要であり、うつ病を理解し、不安や疑問に真剣に向き合うことを得意とする医師もいれば、他の病状を得意とする医師もいるためにセカンドオピニオンやカウンセラーからヒントを得る工夫も本人にはメリットとなります。

コミュニティによる輪

うつ病患者は年々増加傾向にあり、精神科や心療内科もニーズに合わせて開設されており、うつ病に対する取り組みも様々な場所に伸びているのも特徴です。 これまでうつ病に関しては主治医とサポートに努める家族やパートナーとの二人三脚での治療であったものの、近年ではサポートできる場所や人の広がりが注目されています。現在、症状に関して困った時には患者同士のグループやコミュニティの場が発足したり提供されており、さらにサポートする家族の会も提案されています。 その他、心の弱さから自殺までを考えてしまう場合もあり、うつ病による自殺防止対策に地域を挙げて取り組んでいるのも特徴で、精神保健福祉センターをはじめとする機関でもサポートに努めています。